肌が弱い人は気をつけたいクレンジングのやり方

メイクをしている人にとっては、1日の終わりにメイクを洗い流すクレンジングと言うものは無くてはならないものです。ドラッグストアやバラエティーショップなどでも沢山の商品が販売されています。

クレンジングの特徴をご紹介する情報です。

しかし、肌に大きい負担が掛かるアイテムでもあるので、特に肌の弱い人にとっては商品の選び方や使い方には気をつけなくてはなりません。



よく落ちるクレンジングは、メイクや汚れが綺麗に落ちてすっきりとするかもしれませんが、同時に強力な界面活性剤によって肌に必要な潤いまでも根こそぎ奪われてしまう事が多いです。
クレンジングにはオイルやクリーム、ジェルやミルクなど様々な種類がありますが、強い界面活性剤が使われている事が多いのはオイルです。

オイルにはさっと馴染ませるだけでスッキリと落とせる商品が多く、それだけ色々なものを一緒に落としてしまいます。
すると肌のバリア機能も弱まり、赤みやヒリヒリやかぶれなどが起こりやすい状態になってしまいます。

乾燥肌におすすめなのは、クリームやミルクなどの種類だと言われています。

反面クリームやミルクにもデメリットもあり、肌に優しいものはそれだけメイク落ちも弱い傾向があります。
擦らないよう優しく時間を掛けて馴染ませて、人肌程度のぬるいお湯で洗い流すのが良いと言われています。



熱いお湯だと皮脂を落としすぎてしまいますし、冷たい水だと油脂分が流れにくくなってしまうからです。

毎日しっかりとメイクを落とすのは大切な事ですが、出来るだけ負担の少ない方法にすると肌のダメージも抑えられます。