グループウェアというソフトウェアとはどんなもの

個人で利用するために作られているソフトウェアではなく、グループで共同利用することを目的に作られているソフトウェアのことを、総称してグループウェアと呼んでいます。

このグループウェアは、複数の人が共同して作業するたのソフトウェアであるために、複数の機能が連携して動作するようになっている統合ツールというものなので、個人用のソフトウェアのように単体の機能から成っているものではなく、言ってみれば、このソフトウェア自体が一つのネットワークのようなしくみになっている、といったものなのです。



このために、業務で使用されている会社などのローカルネットワーク(LAN)に導入されるようになっていて、その中心にはサーバー機能があり、このサーバーで全体を管理しながら運用されるといった構成になっていて、チームで仕事をするためのソフトウェアツールとして、活用するための製品となっているわけです。
各製品によって、その実際の機能はそれぞれに異なってはいるものの、このグループウェア内の各機能が連携して、全体で一つの仕事をするようになっている、という点ではみな共通のものとなっています。

産経ニュース情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

このソフトウェアを使って作業をする場合には、管理者となる人がサーバーの管理を行い、各人がそのサーバーにアクセスして、共同利用するデータを参照したり、グループウェア固有のメールを利用して各人間で情報交換を行ったり、といったように、連携をとりながら各人の作業を進めて行くことになります。